総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  熊本の水が育むおいしいもの  >  太平燕

熊本の水が育むおいしいもの

太平燕

2012年7月2日(月)

太平燕 太平燕は、中国福建省の郷土料理が原形。華僑が日本に伝え、ツバメの巣の代わりに春雨を使ったものが熊本に伝わって現在にいたります。熊本では小中学校の給食にも出るほどポピュラーなメニューで、春雨の上にたっぷりの野菜がのったヘルシーな一品料理として人気です。スープは主に鶏ガラで、もちろん、熊本の豊かな水が、スープをより一層おいしくしています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム