総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  熊本の水が育むおいしいもの  >  朝鮮飴

熊本の水が育むおいしいもの

朝鮮飴

2012年7月2日(月)

朝鮮飴 もち米、水あめ、砂糖を原材料にして作る、やさしい甘さとお餅に似た柔らかさが特徴です。朝鮮出兵した加藤清正が持って行ったことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになりました。肥後細川藩の時代には幕府への献上品ともなった、歴史ある熊本銘菓です。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム