総合トップへサイトマップ

熊本の水が育むおいしいもの

2012年7月2日(月)

熊本水物語【熊本市オフィシャルウォーター『熊本水物語』】
 熊本市は、73万市民の水道水源を100%地下水で賄う、日本最大、世界でも稀な地下水都市です。その地下水は、広大な阿蘇の草原や森林、そして白川中流域の水田、畑地により涵養されたもの。水道の蛇口をひねれば、おいしい天然水が出てくるのです。その同じ地層の地下水を原料としたミネラルウォーターが『熊本水物語』。ミネラルや炭酸をバランスよく含んだ良質のミネラルウォーターで、阿蘇くまもと空港売店やJR九州熊本駅売店などで販売されています。

【その他】
 阿蘇の地層の天然のフィルターを通った清冽な地下水を採取したサントリーのミネラルウォーター「天然水阿蘇」や、熊本の大河・白川の源流である、南阿蘇村の白川水源の水をそのままボトリングした天然ミネラルウォーター「白川水源」などがあります。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム