総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  熊本の水が育むおいしいもの  >  お茶

熊本の水が育むおいしいもの

お茶

2012年7月2日(月)

 熊本は、全国で4番目というお茶の栽培面積を誇ります。霧深く、古くから良質なお茶の産地として有名な人吉・球磨地方は熊本県最大のお茶の産地で、人吉茶や球磨茶が知られています。釜炒り茶で知られる上益城郡山都町の矢部茶や馬見原茶、細川藩の御前茶だった鹿本地方の鹿北茶や岳間茶、八代の泉茶なども有名です。
 熊本県で生産されるお茶の6割は「玉緑茶」という茶種です。玉緑茶は、渋みが少なく、甘めで柔らかな風味とまろやかな味わいがあり、二煎、三煎と回数を多く楽しめるのが特徴です。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム