総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  肥後古流

水に関する芸術・文学・伝統芸能

肥後古流

2012年7月2日(月)

 千利休の流儀をそのまま残していると伝えられる、茶道の流儀の一つです。千利休の七人の高弟「利休七哲」に数えられた細川家初代の細川忠興と、その三男で肥後細川初代藩主の細川忠利が召抱えた利休の孫婿である古市宗庵によって熊本の地に伝承されました。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム