総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  小堀流踏水術

水に関する芸術・文学・伝統芸能

小堀流踏水術

2012年7月2日(月)

小堀流踏水術 江戸時代に熊本藩士・小堀長順が確立したとされ、武芸として今日まで伝えられている泳法です。流れのある白川で作られたため、ほかの流派に比べ、水を踏むように立ち泳ぐ力強さが特徴。現在も講習会などによって伝承され、年に一度、「小堀流踏水術先師祭」が行われています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム