総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  頼山陽(1781~1832)

水に関する芸術・文学・伝統芸能

頼山陽(1781~1832)

2012年7月2日(月)

大坂府出身/歴史家、思想家、文人

 学者として京都に暮らしていた40代のはじめ、九州を旅行。その際、長崎を経由して現在の天草郡苓北町を訪れました。目的は、当時、富岡城下に開塾していた儒者の渋江龍淵に会うためだったと伝えられています。その時、夕陽が沈む天草灘の美しさを詠んだ漢詩が、苓北町にある頼山陽後援の石碑に刻まれています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム