総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  林芙美子(1903~1951)

水に関する芸術・文学・伝統芸能

林芙美子(1903~1951)

2012年7月2日(月)

福岡県出身/小説家、ジャーナリスト

 貧しかった少女時代に、行商をする両親に連れられて熊本市に住んだこともあると伝えられています。昭和25年(1950)、取材旅行で長崎を経由して現在の天草郡苓北町を来訪し、この旅は後に「天草灘」という作品に描かれました。その際宿泊した岡野屋旅館は今も苓北町にあり、彼女が詠んだ歌が刻まれた文学碑が建っています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム