総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  小山勝清(1896~1965)

水に関する芸術・文学・伝統芸能

小山勝清(1896~1965)

2012年7月2日(月)

球磨郡出身/小説家、児童文学作家

 民俗学者・柳田国男に師事し、「或村の近世史」という作品の中に、故郷・相良村の農民たちの生きる姿を描きました。また、子どもたちに「知恵を武器に賢くたくましく生きてほしい」との願いから、数々の児童文学も世に出したと伝えられています。巌流島の戦い後の武蔵を描いた「それからの武蔵」は、多くの人に読み継がれています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム