総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水に関する芸術・文学・伝統芸能  >  山本周五郎(1903~1967)

水に関する芸術・文学・伝統芸能

山本周五郎(1903~1967)

2012年7月2日(月)

山梨県出身/小説家

 後期の作品である「よじょう」は、熊本城内で宮本武蔵に斬り殺された包丁人の息子を主人公とした物語。水前寺や白川の名前が登場します。武蔵を「剣聖」と称賛する吉川英治の作品と相反し、熊本に移り住んだ晩年の武蔵を、弱者に容赦ない権力者の象徴のように描いた物語として知られています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム