総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  アクセスランキング  >  湯の鶴七滝(ゆのつるななたき)

水の名所

湯の鶴七滝(ゆのつるななたき)

最終更新日 [2012年3月18日]  

湯の鶴七滝(ゆのつるななたき)  水俣市湯出(湯の鶴温泉)を流れる芦刈川には、下流側から、「箱滝」「大滝」「赤水滝」「唐滝」「小滝」「母滝」「座頭滝」の7つの滝がある。
 七滝最大の滝が落差約30mの大滝で、白いしぶきが滝壺に飛び散る。最下流の座頭滝は、落差4mのなだらかなスロ-プを白い滝筋が流れ落ち、下流部には3つの小さな連滝がある。母滝はすべり台のような岩盤上を白い滝水が落ち、風にそよぐのれんのようなのでのれん滝とも呼ばれている。小滝は木立に囲まれ、心落ち着ける雰囲気。最も美しいといわれる箱滝は名前の通り、箱を何段にも積み重ねたような岩場を清水が優雅に下る。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 7つの滝を巡る遊歩道があり、90分ほどで回れる。近くから湧水が豊富にわき出ており、湯出地区の人々の生活用水として利用されている。 

周辺スポット情報

 近くには、湯治場の雰囲気が漂う「湯の鶴温泉」、村の暮らしが体験できる「頭石元気村村丸ごと生活博物館」がある。 

地図・アクセス

湯の鶴七滝 

●車=水俣市街地から県道117号を南東へ約8㎞進んだ山間にある。湯の鶴温泉入口の芦刈橋から左折すると、観光案内板がある。 

■住所 水俣市湯出
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム