総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  メリ穴公園(めりあなこうえん)

水の名所

メリ穴公園(めりあなこうえん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

メリ穴公園(めりあなこうえん)  水源は、約9万年前に阿蘇山から噴出した阿蘇火砕流堆積物の崖下から湧水している。塚原古墳公園に隣接するメリ穴は阿蘇火砕流堆積物が湧き水により侵食されてできた洞窟で、その奥の天井近くから勢いよく水が湧き出ている。この地区では昔からこの水の神を祀っていて、「参り穴」から「メリ穴」と呼ばれるようになったとされる。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 メリ穴公園中は、同地域の農地・水・環境保全対策協議会の尾窪支部(尾窪ホタル会)の活動の場として、地区の住民によって保全活動が行われており、近年ではホタルが飛び交う良好な環境を形成している。また、古くから水の神様を祀る場所として地域住民に親しまれており、周辺が公園化されたこともあって、地域住民の憩いの場所となっている。 

周辺スポット情報

 周辺には塚原古墳群や尾窪横穴墓群などの史跡があり、観光コースとなっているほか駐車場・トイレも整備されている。 

地図・アクセス

メリ穴公園(めりあなこうえん)

●熊本バス=「藤山」バス停、徒歩約5分。
●車=国道266号から宇城市方面へ向かい、城南町東阿高の信号を左折し、案内表示板に従って約1.5km。
●駐車場=有り 

■住所 熊本市南区城南町藤山
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム