総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  池の川水源(いけのかわすいげん)

水の名所

池の川水源(いけのかわすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

池の川水源(いけのかわすいげん)  木立に囲まれた静かな水面に、ゆっくりと泳ぐ鯉の影が見える。湧水「池の川」は豊かな水量を誇り、古く平安時代から地区の人々の暮らしを支えてきた。昭和初期までは近くに駐在所や診療所が建てられおり、地区の中心であったという。今でも、泉から流れる小川では子供たちが水遊びをしており、地区のシンボルと言える場所である。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 泉のほとりの洗い場では、今も野菜の泥を洗い落としたり、米を研ぎに来る人の姿が見かけられる。 

地図・アクセス

池の川水源(いけのかわすいげん)

●九州産交バス=「小野泉水公園」バス停、徒歩約5分。
●車=植木町山東郵便局より菊池方面へ約3分 

■住所 熊本市北区植木町有泉
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム