総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  寒川水源(さむかわすいげん)

水の名所

寒川水源(さむかわすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

寒川水源(さむかわすいげん)  水俣市街地から山間に向かって約15㎞上ると、大関山(902m)の山すそに岩間から幾筋かの白糸のように流れ落ちる清水。その量は毎時約125トン、四季を通じて水温14℃を保っている。この冷たい水にちなんで、この地を寒川と呼ぶようになったという。
 享保4年(1719年)から、水神様として祠のない水天宮を祭ってあり、一帯を「水天の元」と呼んでいた。寒川の人たちは、先祖代々、生活用水や田畑にこの水を利用している。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 シイ、カシ、タブなどの自然林に囲まれ、夏の避暑地として知られる。寒川地区婦人会による「そうめん流し」が有名で、地元水俣はもちろん、熊本市や鹿児島から多くの人が訪れる。 

周辺スポット情報

 水源を少し下ると、「日本の棚田百選」や「くまもと景観賞」にも選ばれたすばらしい棚田の風景が広がる。ここで作られた棚田米は、近くの「久木野ふるさとセンター愛林館」で販売されている。 

地図・アクセス

寒川水源アクセス 

●車=国道3号を津奈木町から水俣市に入り、同268号へ左折。6㎞ほど先の釣橋郵便局前から左折して県道15号を久木野地区へ。愛林館から3㎞ほど。
●駐車場=有り 

■住所 水俣市久木野
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム