総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  すげんこの井川(すげんこのいがわ)

水の名所

すげんこの井川(すげんこのいがわ)

最終更新日 [2012年3月18日]  

すげんこの井川(すげんこのいがわ)  美里町の川越・小崎地区には、坂口組・白谷・川上・下組・辻組という5つの組があり、各組は古くからそれぞれの水源(井川)を所有してきた。しかしながら、町営水道の普及とともに消滅し、現在残っているのは坂口組の井川のみとなっている。「すげんこ」と呼ばれるこの井川は、1段目(飲料水)2段目(野菜等の洗い場)3段目(洗濯場)という使い分けがなされており、貴重な水源として活用されてきたことを物語っている。
 湧水口は落葉除けの屋根で覆われ、豊富な水量が椋の大木の根元から湧き出し、3㎡ほどの3段井川に流れ下る。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 一帯は、椋周辺の緑や苔の生えた石段などと見事に調和した風景を創出している。 

地図・アクセス

すげんこの井川(すげんこのいがわ)

●車=松橋ICから国道218号を山都町方面へ約45分。金木三本松交差点を左折し県道220号三本松甲佐線、県道321号囲砥用線を通る道沿い。 

■住所 美里町川越・小崎地区
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム