総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  初生神社(うぶじんじゃ)

水の名所

初生神社(うぶじんじゃ)

最終更新日 [2012年3月18日]  

初生神社(うぶじんじゃ)  菊池川の支流である矢護川の源流域には湧水池が多く、初生神社もそうした湧水群の一つである。境内にある湧水池は、古くから地域住民の憩いの場として親しまれてきた。
 昔、「お乳の出が良くなるように」とお参りをする女性参拝者で賑わっていたと伝えられている。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 広い境内のうっそうとした木々に覆われた地底からあふれ出る湧水池には、アブラメやメダカ等の淡水小魚が生育しており、何とも言えない癒しの空間を創出している。 

地図・アクセス

初生神社(うぶじんじゃ)

●産交バス=「中窪田」バス停、徒歩約10分。
●車=国道57号を通って大津町へ向かい、県道202号を通って失護川へ向かう。案内の看板に従って初生神社へ。
●駐車場=有り 

■住所 菊池郡大津町矢護川
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム