総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  上洗川神社(かみそそがわじんじゃ)

水の名所

上洗川神社(かみそそがわじんじゃ)

最終更新日 [2012年3月18日]  

上洗川神社(かみそそがわじんじゃ)  上色見地区の湧水群は、阿蘇外輪山の中腹にあり、大きな洞窟の中にある岩の下からこんこんと湧き出している。その水量は日量500トンと言われ、湧水は高森町を通り1級河川の白川へと流れている。
 上洗川神社の湧水は、今も飲料水や生活用水として利用されているが、何よりも、清冽な水が境内の湧水池を満たしている清楚な風景にこそ一見の価値があると言えよう。
 上洗川神社の名称は、健磐龍命が日向の宮から阿蘇宮に向かわれる途中、汗で汚れた衣を洗われたという神話に由来し、阿蘇神社歴代大宮司が就任の際「衣すすぎ」の神事を行うのが慣例となっているという。

地図・アクセス

上洗川神社(かみそそがわじんじゃ)

●産交バス=「洗川」バス停、徒歩約5分。
●車=国道57号立野より阿蘇大橋を渡り、国道325号へ入り高森方面へ向かう。高森町に入ったら国道265号に入り約10kmで現地へ着く。
●駐車場=有り 

■住所 阿蘇郡高森町上色見
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム