総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  浜宮神社の湧水(はまみやじんじゃのゆうすい)

水の名所

浜宮神社の湧水(はまみやじんじゃのゆうすい)

最終更新日 [2012年3月18日]  

浜宮神社の湧水(はまみやじんじゃのゆうすい)  浜宮神社境内の湧水は、近隣の養魚用水等に利用されるほど、水は非常に澄んでいる。水量も豊富で、一日量に約1,000トンとも言われており、農業用水としても欠かせない。
 浜宮神社の祭神はナマズであり、神社には片目魚の絵馬が奉納してある。これは片目の魚が棲んでいたとの伝承を受けたもので、同様の伝承が伝えられている同村の「池の王神社」を訪れ、名水を鑑賞してみるのも一興。
 この片目魚は実はナマズのことで、転じて浜宮神社の湧水はなまず(皮膚病)にも非常に良く効くとも言われている。

地図・アクセス

浜宮神社の湧水 

●産交バス=「川村駅入口」バス停、徒歩約3分。
●車=人吉ICより国道219号を相良村方面へ、川辺川を渡り右折し10分ほど行った道沿い。 

■住所 球磨郡相良村柳瀬
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム