総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  池の王神社の湧水(いけのおうじんじゃのゆうすい)

水の名所

池の王神社の湧水(いけのおうじんじゃのゆうすい)

最終更新日 [2012年3月18日]  

池の王神社の湧水(いけのおうじんじゃのゆうすい)  湧水は、池の王神社に隣接する雑木林崖下の木造小屋の中に、大岩の際から縦10m・横15mのコンクリートで覆った貯水場に噴き出している。あふれ出た湧水は、貯水場土台から勢いよく流れ出し、その水量に感心させられ、貯水場の水の澄み具合にも感服させられる。実に清例な湧水源である。湧水は今も飲用や農業用水として地域で利用されている。
 同神社にも「片目魚の伝説」があり、同村の「浜宮神社」とも縁があることが分かる。

地図・アクセス

池の王神社の湧水(いけのおうじんじゃのゆうすい)

●産交バス=「相良南小学校前」バス停、徒歩約10分。
●車=人吉ICから国道445号を相良村方面へ向かい、相良大橋を渡り、すぐ右折した所。人吉ICより車で約30分。 

■住所 球磨郡相良村川辺
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム