総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  熊本城の井戸

水の名所

熊本城の井戸

最終更新日 [2012年6月22日]  

熊本城の井戸  戦国の世の名将と称される加藤清正が築城した熊本城には、籠城に備えた工夫が随所に施されています。その一つが、城内に120カ所以上も掘られたという井戸で、17カ所が現存しています。深いものは約40mもあるとされ、加藤清正の頃から熊本が豊かな地下水に恵まれていたことを今に伝えています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム