総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  檜垣(ひがき)の泉

水の名所

檜垣(ひがき)の泉

最終更新日 [2012年6月22日]  

檜垣(ひがき)の泉  平安時代、熊本に住んでいた檜垣の嫗(おうな)は、「後撰和歌集」にも選ばれるほどの歌人でした。金峰山の岩戸観音を信仰していた彼女は、暮らしていた蓮台寺(別名:檜垣寺)から水を汲んで日参し、とうとうある時、岩戸観音に庵を構えて移り住みました。その庵近くにある湧水は「檜垣の泉」と呼ばれ、今も地元の人々に守られています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム