総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  釣耕園(ちょうこうえん)、叢桂園(そうけいえん)

水の名所

釣耕園(ちょうこうえん)、叢桂園(そうけいえん)

最終更新日 [2012年6月22日]  

叢桂園  熊本市島崎にある釣耕園は、肥後細川藩第3代藩主、細川綱利が建てたお茶屋跡。「雲を耕し月を吊る」と読まれた池泉がある庭園があり、金峰山一帯に点在する「金峰山湧水群」の一つにも指定されています。そこから流れる清水が曲水を描く叢桂園は、肥後藩の医学校「再春館」の師役だった村井家の別荘跡です。


写真)叢桂園
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム