総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  碧巖寺(へきがんじ)

水の名所

碧巖寺(へきがんじ)

最終更新日 [2012年6月22日]  

碧巖寺(へきがんじ)  菊池地方をおさめた豪族・菊池氏の第20代為邦公が、家督を嫡子に譲った後に隠居所として移り住んだ場所で、後に和尚を招いて寺としたのが碧巖寺です。為邦公はここに学問所も開き、家臣たちが学んだとも伝えられています。自然に囲まれた庭園には清水が引かれた池もあり、静寂に包まれた心落ち着く場所となっています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム