総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  俵ころがし(高瀬裏川花しょうぶ)

水の名所

俵ころがし(高瀬裏川花しょうぶ)

最終更新日 [2012年6月22日]  

俵ころがし  玉名市の高瀬地区は菊池川の水運の利によって貿易港として栄え、江戸時代には、肥後藩最大の蔵米の積み出し港となりました。史跡「高瀬船着場」には、米蔵から船着き場へ米俵を運んだ「俵ころがし」と呼ばれる石畳みの坂が残されています。また、高瀬裏川一帯は、花しょうぶの見どころとしても知られています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム