総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  五老ケ滝

水の名所

五老ケ滝

最終更新日 [2012年6月22日]  

五老ケ滝  江戸時代に農業用水路として建造された通潤橋が架かる轟川にある滝で、通潤橋より下流側にあります。山都町の旧矢部町には48もの滝があり、中でも落差50mもある迫力ある滝として知られているのが県指定の名勝・天然記念物の五老ケ滝。遊歩道も整備され、滝壺近くまで歩いて降りることも可能です。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム