総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  円形分水

水の名所

円形分水

最終更新日 [2012年6月22日]  

円形分水  山都町の旧矢部町にある野尻、笹原地区と白糸台地に水を送る装置として、昭和31年(1956)に造られました。それぞれの地区の水田の面積に応じて水が配分されるように設計されています。水は笹原川から引かれ、内側にある円筒から湧き出し、円筒の外周の長さによって7対3の割合に分けられて各地区へと流れていきます。このうち約7割の水は通潤用水へと送られ、通潤橋を渡り、白糸台地の棚田を潤しています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム