総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  八勢(やせ)眼鏡橋

水の名所

八勢(やせ)眼鏡橋

最終更新日 [2012年6月22日]  

八勢(やせ)眼鏡橋  日向往還沿いにある八勢川は深い渓谷にあり、川を渡るには危険な崖を登り降りしなければならず、架けられた木橋も大雨で幾度となく流されていました。そこで、御船の商人だった林田能寛(よしひろ)が私財を投じ、八代の種山石工が棟梁となって石橋の建造に着工。安政2年(1855)に完成し、今も当時の姿を残しています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム