総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  通潤橋

水の名所

通潤橋

最終更新日 [2012年6月22日]  

通潤橋  川に囲まれた土地ながら、標高が高く、水に困っていた白糸台地を救うために架けられた石造りのアーチ水道橋です。惣庄屋だった布田保之助が資金を集め、皇居の二重橋や日本橋架設でも知られる八代の種山石工を迎え、地元農民も協力し、嘉永7年(1854)に完成しました。水道橋としても現役で、白糸台地の棚田を潤しており、国の重要文化財に指定されています。
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム