総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  木柑子水源群(きこうじすいげんぐん)

水の名所

木柑子水源群(きこうじすいげんぐん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

木柑子湧水群(きこうじゆうすいぐん)  古代、この一帯を治めていた人を村人が「貴公人」と呼び、それが訛って「きこうじ」になり、「木柑子」になったと伝えられている。湧水群は、菊池川の左岸沿いにあり、湧出している所は菊池川水面よりも高い。一番大きな湧水池は、形が琵琶に似ていることから琵琶池の名で呼ばれる。
 平成9年に、それまで枯れたことがなかった琵琶池が枯れてしまった。住民は非常に心配したが、池の真ん中から水が湧き出し、元の水をたたえる池に戻ったという。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 夏は、浅い場所で子ども連れの家族が水遊びをしている姿が見られる。 

周辺スポット情報

 木柑子集落の西側に二つ塚古墳がある。周囲にたくさんの古墳があり、岩瀬・木柑子古墳群と呼ばれる。泗水町には孔子公園、泗水道の駅。 

地図・アクセス

木柑子湧水群(きこうじゆうすいぐん)

●車=国道387号を熊本市内方面から菊池市へ。旧泗水町を通り過ぎ、花房台地を下り花房郵便局前から左折、国道から約100m入ると琵琶池。 

■住所 菊池市木柑子
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム