総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  お手水(おちょうず)環境省選定 平成の名水百選 ※金峰山湧水群

水の名所

お手水(おちょうず)環境省選定 平成の名水百選 ※金峰山湧水群

最終更新日 [2012年3月18日]  

お手水(おちょうず)環境省選定 平成の名水百選 ※金峰山湧水群  熊本市の西方にそびえる金峰山の山麓にあり、昔から多くの文人・雅人が訪れている成道寺から500mほど下った柿原養鱒場に入り、池の間を奥に進むと、崖を伝い細い幾条もの清水が流れ落ちている。
 神武天皇の皇孫(こうそん)・健磐龍命(たていわたつのみこと)が火の国巡狩(じゅんしゅ)の際、ここで手水を使ったことが名の由来と伝えられている。加藤清正も築城のとき、たびたび早駆けでやって来ては、のどを潤したとされ、湧水が流れ落ちるそばに加藤清正御巡視の像が建っている。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 周囲は自然豊かで、ホタル、カワセミ、オシドリ、フクロウたちが姿を見せる。熊本市の中心地から車で15分ほどのところで、人里離れた気分が味わえる。  

周辺スポット情報

 水量が豊富で養鱒場に利用され、マス釣りやマス料理、そうめん流しなどが楽しめる。 

地図・アクセス

お手水(おちょうず)
環境省選定 平成の名水百選 ※金峰山湧水群

●熊本都市バス=「柿原公民館前」バス停、徒歩約8分。
●駐車場=有り 

■住所 熊本市西区花園7丁目
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム