総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  平井戸水源(ひらいどすいげん)

水の名所

平井戸水源(ひらいどすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

平井戸水源(ひらいどすいげん)  平井戸水源は城南町の東端、甲佐町と接する土鹿野(ハシカノ)地区にある。水源一帯は憩いの場所として公園化され、日本庭園風の池では、鯉が泳ぐ姿が見られる。水源の左奥には猿田彦の碑があり、そのすぐ手前に「土鹿野之平井戸(はしかののひらいど)」と刻んだ石柱が建っている。この土鹿野という地名だが、一説には土器片が出土することから付けられたという。 

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 以前は水源の湧水は冷たく良質であったため、集落の生活用水として使われていたそうだ。昭和38年(1973年)当時、湧水量は1日2トンほどだったという。しかし、同47年(1972年)の崖崩れで湧水量や水温などが変わったという。 

地図・アクセス

平井戸水源(ひらいどすいげん)

●熊本バス=「鰐瀬」バス停、徒歩約20分。
●車=城南町から車で県道32号を宇城市豊野方面へ向かう。途中の鰐瀬地区にある鰐瀬郵便局から町道を約5分。 

■住所 熊本市南区城南町鰐瀬
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム