総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  御手洗水源群(みたらいすいげんぐん)

水の名所

御手洗水源群(みたらいすいげんぐん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

御手洗水源群(みたらいすいげんぐん)  小野部田小学校の近く、九州自動車道の下にある。水源の由来は懐良親王(かねながしんのう)が手を洗われたことに由来するという説がある。
 水温は一年中15℃と一定で、夏場も冷たい。小学校にプールのない時代は、子どもたちが水源で泳いだりしていたが、水が冷たくて長くは浸かっていられなかったそうだ。
 九州自動車道の建設で減水が心配されたが影響はなく、今も水量が豊富である。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 昔は水源を2段に仕切り、上段で野菜などを洗い、下の広いところで馬を洗っていたという。今は馬を飼っている農家がないので、仕切りははずされたそうだ。 

周辺スポット情報

 農産物販売所「すずめのおやど」、観音山総合運動公園 

地図・アクセス

御手洗水源群(みたらいすいげんぐん)

●産交バス=「南竹崎」バス停、徒歩約20分。
●車=宇城市立小野部田小学校近くから九州自動車道に向かって約200m。九州自動車道の下にある。
●駐車場=有り 

■住所 宇城市小川町南小野
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム