総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  七郎次水源(しちろうじすいげん)

水の名所

七郎次水源(しちろうじすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

七郎次水源(しちろうじすいげん)  国道445号を二本杉峠へ向けて上ると、急な山腹から湧水が流れ落ちる。雁俣山(1315m)の西側にあたり、一見谷川の水のようだが湧水である。湧水量は毎分約2トンという。
 水温は非常に低い、手を浸けるとジンジンしてくるほど。知る人ぞ知る、おいしい水として遠方から汲みに来る人がいる。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 かつては五家荘から買い物に来た人が喉を潤し一息ついたことだろう。今は、春の新緑、秋の紅葉、冬の霧氷を求めて訪れる人たちを七郎次の冷たい水がもてなしている。 

周辺スポット情報

 単一アーチ石橋の霊台橋。5㎞ほど先に二本杉展望所。 

地図・アクセス

七郎次水源(しちろうじすいげん)

●車=松橋方面から県道218号線で美里町に入り、国道445号を五家荘方面へ。約5㎞先、国道沿い右側 。

■住所 下益城郡美里町早楠
旧中央町
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム