総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  矢谷渓谷(やたにけいこく)

水の名所

矢谷渓谷(やたにけいこく)

最終更新日 [2012年3月18日]  

矢谷渓谷(やたにけいこく)  八方ヶ岳と国見岳に囲まれ、その山麓を流れる上内田川の約2kmの渓谷を「矢谷渓谷」と呼んでいる。豊かな山間に囲まれた一帯では、四季おりおり自然が満喫できる。特に夏場は、清涼を求める家族連れやグループなどで賑わう。渓流の岩場には曲がりくねって流れ落ちる滑り台(ウォータースライダー)があり、川で泳ぐこともでき子どもたちの絶好の人気スポットとなる。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 夏季以外にも春には新緑、秋には紅葉をめでながら年間を通して大自然とふれあうことができる。渓谷内にはロッジやバンガローが完備した体験型キャンプ場「きらり」がある。 

周辺スポット情報

 矢谷渓谷に向かう途中の集落にある相良寺(相良観音)には、木彫坐像としては国内最大の千手観音が祀られ、古くから安産・子授け・縁結びにご利益があると親しまれている。また近くには特別天然記念物のアイラトビカズラがある。 

地図・アクセス

矢谷渓谷(やたにけいこく)

●車=菊水ICから山鹿市菊鹿町方面に向かい、県道9号を北上する。途中に案内板あり。
 ●駐車場=有り

■住所 山鹿市菊鹿町矢谷
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム