総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  小野の泉水(おののせんすい)

水の名所

小野の泉水(おののせんすい)

最終更新日 [2012年3月18日]  

小野の泉水(おののせんすい)  小野小町にまつわる伝説が伝えられている「小野の泉水」は、植木町南東部の独立丘の横山の南崖下にある谷地から湧いている。この一帯は公園として整備され、市民のいこいの場として親しまれている。休日などは家族連れが多く訪れる。また、ホタルの生息地としても知られている。
 名称の由来となった小野小町は、平安時代の女流歌人で六歌仙の一人であり、一般には“絶世の美女”として知られている。
 小町の父・小野良実(よしざね)は出羽国(秋田県)の郡司であったが、中傷によってこの地に流罪になった。小町はその際に産まれ、ここの泉水を産湯に使ったと言われている。小町と良実の木像は今も小町神社(小野泉水公園内)に祀られ、その横には良実が早く都へ帰れるようにと願った七国神社がある。その後の良実だが、小町を伴って無事に都に帰ることができたという。

地図・アクセス

小野の泉水(おののせんすい)

●九州産交バス=「小野泉水公園」バス停、徒歩約1分。
●車=熊本市北区役所(旧植木町総合支所)から小野地区方面へ約5~6分の距離(2.5km)。
●駐車場=有り 

■住所 熊本市北区植木町小野
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム