総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  御茶屋泉水(おちゃやせんすい)

水の名所

御茶屋泉水(おちゃやせんすい)

最終更新日 [2012年3月18日]  

御茶屋泉水(おちゃやせんすい)  江戸時代、熊本城下を出発した細川藩の参勤交代の一行が昼食を取るために休憩した屋敷跡と庭園は、今でも「的石(まといし)の御茶屋」として残っている。
この御茶屋の庭には見事な泉水がある。その源泉をたどると裏手に天満宮があり、その付近からも清水がこんこんと噴き出ている。水量は毎分25トンという。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 御茶屋の庭から眼前に広がる雄大な阿蘇山を眺めると、美味しいお茶で一服した往事のお殿様の様子が浮かんでくる。 

周辺スポット情報

 御茶屋のすぐ近くには、参勤交代の重要なルートだった豊後街道があり、その最大の難所は外輪山を越える二重の峠で、今も重厚な石畳が残っている。 

地図・アクセス

御茶屋泉水(おちゃやせんすい)

●産交バス=「的石」バス停、徒歩約3分。
●車=JR赤水駅から車で的石方面へ県道149号を約5分。
●駐車場=有り 

■住所 阿蘇市的石
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム