総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  弁財天の岩水(べんざいてんのいわみず)

水の名所

弁財天の岩水(べんざいてんのいわみず)

最終更新日 [2012年3月18日]  

弁財天の岩水(べんざいてんのいわみず)  弁財天橋のたもとに弁財天を祀った小さな社があり、その脇を玉来川が急流となって勢いよく流れている。川の両岸は切り立った岩盤で、清水は岩のすき間の十数カ所から湧き出している。最近では減少傾向にあるが、上流域にある池山水源などから流れ出る水を集めて、川は豊かに流れ、岩に弾ける水しぶきは清涼感に溢れている。
 「弁財天社」は昭和2年(1927年)の大水害の際に流失したものだが、寄付や地区住民の力で同59年(1984年)に復元されたものである。

周辺スポット情報

 県道40号を波野方面へ行く途中から「ヒゴタイロード」へ右折してしばらく行くと、大きな発電風車(デンマーク製600kw風力発電機)が目印の観光牧場「うぶやま牧場」がある。動物とのふれあい広場やアスレチック広場、乳搾り体験やバター、アイスクリーム手づくり体験など、大人から子どもまで楽しめる。 

地図・アクセス

弁財天の岩水(べんざいてんのいわみず)

●産交バス=「家壁」バス停、徒歩約15分。
●車=産山村役場付近から村道を東南に約2kmほどいくと「清水弁財天入口」と書かれた道標がある。 

■住所 阿蘇郡産山村山鹿
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム