総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  如見水源(じょげんすいげん)

水の名所

如見水源(じょげんすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

如見水源(じょげんすいげん)  八代市の北東部、龍峯山のふもと龍峯地区にあり、如見の名前は、如見家の屋敷が近くにあり、この一帯の地区を如見と言っていたところからきている。
 現在のコンクリートの水槽になったのは九州自動車道の開通(昭和55年(1980年))後で、それ以前は竹林に囲まれた池で、おいしい水として知られ、遠方からも汲みに来ていたという。九州山地から湧き出ている水とされ、一年中水温も水量も変わることなく、不老長寿の源、生命の水とも言い伝えられている。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 水源は、大きく2つにコンクリートで仕切られており、湧水部では、飲料水として水をくむことができ、もう一方では鯉が飼われている。 

周辺スポット情報

 近くには如見古墳をはじめ、菅原神社、玉泉寺、光明寺、光厳寺など古墳や寺院がある。 

地図・アクセス

如見水源アクセス 

●産交バス=「龍峰小学校前」バス停、徒歩約10分。八代市立龍峯小学校(八代市岡町谷川)横の用水路沿いを北に進み、「土石流危険渓流」の標識が見えたら、その標識のある道を奥に進む。 

※大雨時に訪問される際は、十分にご注意ください。

 
■住所 八代市岡町谷川
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム