総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  寺坂水源(てらさかすいげん)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群

水の名所

寺坂水源(てらさかすいげん)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群

最終更新日 [2012年3月18日]  

寺坂水源(てらさかすいげん)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群  南阿蘇鉄道の鉄橋の真下にあるという珍しい水源池。慶長11年(1607年)に僧法西によって建てられた玉泉山・正教寺のすぐそばにあり、古くから同寺の御手洗水とされていたもの。
 水源からは、清らかな水が地底の砂を勢いよく吹き上げながら湧き出しており、その豊かな水量は毎分5トン。洗い場も整備され、地元の人々の生活に溶け込んでいる。隣接して駐車場や東屋も整備されている。時おり観光客の姿も見られる。
 環境省の「平成の名水百選」選定の「南阿蘇村湧水群」の中の一つで、「くまもとホタルの里百選」にも選ばれている。その環境は、地元の婦人会が主体となって定期的に行われる清掃活動によって守られている。

周辺スポット情報

 すぐ近くには、日本一長い駅名で有名な「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」がある。南阿蘇鉄道は立野から高森まで、阿蘇のカルデラの中を雄大な風景を眺めながら走る路線。春休みやゴールデンウイーク、夏休みなどに運行される「トロッコ列車」に乗って南阿蘇の牧歌的な風景や外輪山の美しい風景を楽しみながらのんびり走ってみるのもおすすめだ。 

地図・アクセス

寺坂水源アクセス  

●産交バス=「川地後」バス停、徒歩約5分。
●南阿蘇鉄道=「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅、徒歩約5分。
●車=阿蘇大橋から国道325号を高森方面へ。南阿蘇鉄道の白水高原駅の案内板を過ぎ、すぐ先の案内板から右折して進むと高架線下。
●駐車場=有り 

■住所 阿蘇郡南阿蘇村中松
旧白水村
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム