総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  吉田城御献上汲場(よしだじょうごけんじょうくみば)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群

水の名所

吉田城御献上汲場(よしだじょうごけんじょうくみば)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群

最終更新日 [2012年3月18日]  

吉田城御献上汲場(よしだじょうごけんじょうくみば)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群  かつて矢部郷と併せてこの地方一帯を支配していた阿蘇家。吉田城は阿蘇家の重臣・吉田主水頭(もんどのかみ)が居城していた城で、中世の頃に、阿蘇家の主城の一つとして重要な役割を果たしていた。その吉田城で使われていたのがこの水源の湧水。今は小さな水場だが、毎分5トンもの水が絶えず湧き上がっている。この湧水は文句なく「うまい水」として評判だが、これは水に含まれる「ハロイサイト」という粘土鉱物の影響だといわれており、六甲の水に代表される灘の酒の原水にも含まれているそうだ。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 水源は湧水保全及び環境保全を目的とした保存会による月1回程度の清掃活動が行われている。 

周辺スポット情報

 汲場からほど近い丘の上にある吉田城址は、案内の杭(くい)がないと分からないほどだが、阿蘇南外輪山を望む眺めの良い場所にある。『阿蘇家の臣吉田主水頭居城す。時代不詳、地名に城、二の丸、馬場、と云う所あり、近く御献上汲場と云う湧泉あり、付近は城があった時代は町をなしたと云う。』と記された案内杭があり、中世の頃、この一帯が町を成して繁栄していたらしいことが分かる。 

地図・アクセス

吉田城御献上汲場(よしだじょうごけんじょうくみば)環境省選定 平成の名水百選 ※南阿蘇村湧水群

●産交バス=「上吉田」バス停、徒歩約10分。
●車=阿蘇大橋から国道325号を高森方面へ。阿蘇登山道路吉田線の分岐点を右折、村道(旧325号)へ左折して約300m先に案内板がある。
●南阿蘇鉄道=「阿蘇白川」駅、徒歩約20分。 

■住所 阿蘇郡南阿蘇村吉田
旧白水村
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム