総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  高田水源(こうだすいげん)

水の名所

高田水源(こうだすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

高田水源(こうだすいげん)  水源は街の中にあり、民家の脇にコンクリートに囲まれている。縦約3m、横約6m、水深は30㎝ほどで、水はよく澄んでいる。ここから市内南部を流れる流藻川につながり、八代海に注ぐ。地元では長光水源と呼ぶ人が多いという。
 水温はほとんど変わらず、冬場に水が減ることがあっても、枯れたことはないという。 地元の人によると、地下に伏流水が流れているらしく、かつてこの周辺は八代でも随一の湧泉地帯であったが、現在はここだけが残っているという。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 石造の水神が祭られており、毎年旧暦10月15日ごろに、利用している各家が集まって、清掃し、しめ縄や供え物をする。 

周辺スポット情報

 八代城跡、松浜軒、八代市立博物館。 

地図・アクセス

高田水源アクセス 

●産交バス=「高田小学校前」バス停、徒歩約10分。
●車=国道219号球磨川を渡り右折し、次の信号を左折。約1㎞先の高田御所跡の標識から左折し、すぐ先を右折する。 

■住所 八代市豊原下町
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム