総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  古屋敷水源(ふるやしきすいげん)

水の名所

古屋敷水源(ふるやしきすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

古屋敷水源(ふるやしきすいげん)  古屋敷水源は八代市泉町の下岳郵便局裏手にある。水源池は茶畑を登った一本杉の根元で、湧き口は1.5m四方ほどの自然石で囲まれ、上方の噴き出し口からこんこんと清水が湧き出ている。その湧水池とつながって下流に2つの洗い場がある。それぞれ米とぎ、野菜洗い、洗濯と区別されて使われている。
 昭和36年(1961年)に簡易水道ができるまでは、同地区全戸の飲料水を賄っていたという。

周辺スポット情報

 近くには多くの石橋が点在するので、石橋めぐりが楽しめる。また氷川ダムなどもある。 

地図・アクセス

古屋敷水源(ふるやしきすいげん)

●産交バス=「下岳郵便局前」バス停、徒歩約1分。
●車=氷川町または宇城市小川町から車で国道443号を八代市泉町方面へ向かう。下岳郵便局前から徒歩1分。 

■住所 八代市泉町下岳
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム