総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  国見水源(くにみすいげん)

水の名所

国見水源(くにみすいげん)

最終更新日 [2012年3月18日]  

国見水源(くにみすいげん)  国見山(867m)の麓にある水源で、うっそうとしたスギやヒノキに囲まれている。そばを流れる渓流にはヤマメやアブラメが生息し、シーズンになると多くの釣り人で賑わう。
 かつて水源のそばにあり、シンボル的な存在だった、根に大きな岩を抱え込んでいたアラカシ「国見水源の樫」は平成11(1999)年の台風で幹が折れ、現在は岩を抱え込んだ根の部分と幹の下部から新しく生えた数本の樫だけの姿になっている。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 木のそばには、生活用水や農業用水として恩恵を受けている国見地区の水神様として地蔵が祀られている。地区では毎年4月と11月、豊かな湧水への感謝と下流域の安全を祈願して祭りが催されている。 

周辺スポット情報

 近くには、緑豊かな中で露天風呂や桧風呂、五右衛門風呂が楽しめる、日帰り温泉「大野温泉センター」がある。地元の農産物や手作り加工品が人気の物産館や、昔ながらのかまどで炊いた地元・大野の大関米が自慢のバイキング形式の食事処、自然に囲まれた8ホール・2コースのグラウンドゴルフ場などが併設されている。 

地図・アクセス

国見水源 

●産交バス=「葛俣」バス停、徒歩約20分。
●車=旧田浦町から国道3号で芦北町に入る。花岡交差点から県道27号へ左折。大野小学校の200m先の三叉路を直進。同331号を約6.5km走ると、昔の農具を復元した「国見さこん太郎」の案内板があり、そこを右折すると小さい橋があり、渡った右側の藪を川の方に下った所に水源がある。 

■住所 葦北郡芦北町国見
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム