総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  権現谷ラムネ水(ごんげんだにらむねすい)

水の名所

権現谷ラムネ水(ごんげんだにらむねすい)

最終更新日 [2012年3月18日]  

権現谷ラムネ水(ごんげんだにらむねすい)  泉源は白髪岳を源流とする大木川上流部に位置する。地元では「ラムネ水」と呼ばれている炭酸の鉱泉だ。鉄分が多く含まれ、炭酸のほのかな刺激が感じられる。
 伝説によれば、その昔、下流で水を飲んだ修行僧が「上流に薬水があるに違いない」と言ったことから、ラムネ水が発見されたという。
 地区では、昔から薬効があると飲用や浴用に利用してきた。 

その他(利用状況、水景・景観情報等)

  元々あった泉源に、昭和30年代に小さな砂防ダムが造られたため、湧水は近くのコンクリート水槽までパイプで引かれている。 

地図・アクセス

権現谷ラムネ水 

●車=くま川鉄道免田駅から約15分。

 

※場所がわかりづらい。 

■住所 球磨郡あさぎり町上南上永里
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム