総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  球磨川水源と白水滝(くまがわすいげんとしらみずのたき)

水の名所

球磨川水源と白水滝(くまがわすいげんとしらみずのたき)

最終更新日 [2012年3月18日]  

球磨川水源と白水滝(くまがわすいげんとしらみずのたき)  白水滝は球磨川支流の白水川に架かる落差150mの雌滝と、白水川支流にかかる落差100mの雄滝の2つの滝からできている。華麗な流れの雌滝も、豪快な流れの雄滝も1枚岩の花崗岩の上を岩盤に沿って流れ下っている。
 雌滝が水量も多く滝幅も広い。雄滝は水量が少ないこともあって、流れ下る面がV字型に浸食されているためか滝幅も狭くなっている。それでも、雄滝が流れ下る途中の岩盤には、瀑布の力によって浸食されて丸い穴のように窪んだ地形が見られる。
 

周辺スポット情報

 白水滝の雌滝の上には全長120mの「白龍妃橋」、雄滝の上には全長164mの「白龍王橋」とそれぞれ呼ばれる吊り橋が架かる。橋床の途中には透明なアクリル板が敷いてあり、滝真下の滝壷を眺めるとスリルで足元がすくむ。近くに白水阿蘇神社がある。 

地図・アクセス

球磨川水源と白水滝(くまがわすいげんとしらみずのたき)

●産交バス=「古屋敷」バス停、徒歩約20分。
●車=水上村役場より県道142号を北上、古屋敷地区を経由して湯山地区に通じる村道を行けば白水滝方面に着く。 

■住所 球磨郡水上村小白水
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム