総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水の名所  >  祝口観音の滝(いわいぐちかんのんのたき)

水の名所

祝口観音の滝(いわいぐちかんのんのたき)

最終更新日 [2012年3月18日]  

祝口観音の滝(いわいぐちかんのんのたき)  松島町の教良木川の上流にある滝で、教良木ダムに注ぎ込むように流れている。滝といっても垂直に流れ落ちるのではなく、穏やかな岩床の斜面を水が滑り落ちるといった風情。幅10~15m、全長は300mほどもあり見応えは十分。滝に沿って遊歩道が整備され、滝を眺めながら歩いて登ることができる。左岸側に設けられた展望所からは、滝の全体像も把握できる。その上には観音堂があり安産や無病息災を願う参拝者が訪れている。この観音様のおかげか、どんなひどい干ばつが来ても、この滝の水が枯れたことはないという。かつて生活用水を確保することが困難だった地域の人々にとって、まさに水の恵みをもたらす滝といえる。

その他(利用状況、水景・景観情報等)

 周辺は整備されていて、駐車場や水汲み場もある。 

周辺スポット情報

 寛永19年(1642年)に初代代官鈴木重成公が、三代将軍家光の命を受けて開いた曹洞宗の名刹。境内の周囲には四国八十八ヶ所霊場の土砂を拝受し88体の本尊石仏を安置した天草新四国八十八ヶ所霊場がある。 

地図・アクセス

祝口観音の滝(いわいぐちかんのんのたき)

●産交バス=「祝口」バス停、徒歩約10分。
●車=国道324号、松島町知十から県道290号に入り3km余り、県道34号(松島馬場線)に右折し、約3km県道59号(有明倉岳線)を教良木ダム方面へ左折。約1kmダム湖沿いに走り奥の方に滝への標識があるので小道に入りすぐ。展望台などがある。
●駐車場=有り 

■住所 上天草市松島町教良木
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム