総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  地下水の量と質を守る取組み  >  節水・水の有効利用

地下水の量と質を守る取組み

節水・水の有効利用

最終更新日 [2012年3月26日]  

雨水タンクの活用について(助成制度)
 雨水を上手に活用することで、汲み上げている地下水や水道の使用量が減り、地下水の保全及び水資源の有効利用につながります。

【雨水の使用例】
 散水・打ち水・農具洗い・洗車や非常時のトイレ洗浄水等
 また、雨水タンクの設置に係る助成事業を行っている市町村もあります。
【雨水タンクの助成を行っている市町村】

 

   熊本市 / 菊池市 / 宇土市 / 合志市

  大津町 / 菊陽町 / 益城町 / 甲佐町

 

 各市町村の補助制度について、詳しく紹介されています。

 

企業の取組・事例紹介
企業では様々な節水の取り組みがされています。

その一例をご紹介します。

 

 サントリー

 限りある水資源を扱う企業として、サントリーでは「水」を大切に使うさまざまな取り組みを行っています。

 

 

 

 

 家庭で上手に水の利用を減らせるように簡単な節水の方法を紹介しています。

 

この情報に関するお問い合わせは
環境立県推進課(地下水企画班)
電話:096-333-2272
ファックス:096-383-0314
新しいウィンドウで このマークがついている資料・リンクは新しいウィンドウで開きます 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム