総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  降雨・渇水の現状

降雨・渇水の現状

降水・渇水の現状


降雨・渇水の現状について

地表に降った雨は、森林や草原等の保水機能により徐々に流出し、河川となって地域内を流れ、その間に農業用水等として利用され、地下水としてかん養されながら海に流出しています。

このように、地下水は大きな水の循環の中にあることから、地下水の量は、雨量といった自然の要因に大きく影響を受けています。

ここでは、県内の降雨の状況や県内における主要なダムの状況について掲載します。

菊池水源  

 

○降雨の状況

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=86&prec_ch=%8CF%96%7B%8C%A7&block_no=00&block_ch=%8CF%96%7B%8C%A7%91S%92n%93_&year=&month=&day=&view

 

○県内の主要ダムの状況

【竜門ダム】

http://www1.river.go.jp/cgi-bin/SiteInfo.exe?ID=1368090853060&KAWABOU=YES

 

【緑川ダム】

 

http://www1.river.go.jp/cgi-bin/SiteInfo.exe?ID=1368091050080&KAWABOU=YES

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム