総合トップへサイトマップ
  ホーム  >  水を撮る民

水を撮る民

水の国くまもと

水を撮る民[天草写真家]中野 誠志さん

熊本ダイビングサービスよかよか

水の中の世界を写真を通じてたくさんの人たちにみてもらいたい。

天草市本渡。ループ橋のふもとにある、大きな船。
「水を撮る民」中野誠志さんは、水中カメラマンとして活動しながら、ここを拠点として、体験ダイビングを営んでいる。
「海の中に潜れない人にも、水の中の世界を見せるには写真はいい方法だと思って。」
中野さんは天草の海を中心に、河川、水源地など、水中の景色やそこに生きる生物たちや植物を撮り続けている。

水中の写真

水の中は、光と生命の世界。

水の中には、陸上では見られない、光や命を感じられる別の世界が存在しているという。
たくさんの魚たち、カラフルなサンゴ、光合成で生まれる酸素。
数々の海に潜ってきた中野さんがたどり着いたのは、地元熊本の海。
そこにはふるさとを愛し、何より、熊本の水を愛する想いがある。
その素晴らしさを、より多くの人々に伝えるために、中野さんは、写真を撮り続けている。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム